コロナ 石油ストーブ SL-5121とSL-6621の違い

コロナ 石油ストーブ

コロナ石油ストーブの「SLシリーズ」は、広いスペースをまるごと暖める対流式のモデルです。

その2021年モデルには以下の2機種があります。

  • SL-5121
  • SL-6621

この2機種の違いは暖房出力ですので、使用する部屋の広さに見合った暖房出力を持つモデルを選ぶのが順当なところですね。

SL-5121とSL-6621の暖房出力と暖房の目安

コロナ石油ストーブ「SL-5121」と「SL-6621」の暖房能力は次の通りです。

  • SL-5121:5.14kW
  • SL-6621:6.59kW

そして、それぞれの暖房の目安は

  • SL-5121:木造13畳まで/コンクリート18畳まで
  • SL-6621:木造17畳まで/コンクリート23畳まで

となっています。

よって、まずは使用する部屋の広さと、それぞれの暖房の目安を見合わせながら、最適なモデルを選ぶと良いでしょう。

SL-5121とSL-6621の基本仕様

コロナ石油ストーブ「SL-5121」と「SL-6621」のサイズ、質量、タンク容量は以下のようになります。

<SL-5121>

  • サイズ:高さ553×幅460×奥行460mm
  • 質量:9.9kg
  • タンク容量:6.0L

<SL-6621>

  • サイズ:高さ598×幅460×奥行460mm
  • 質量:11.2kg
  • タンク容量:7.0L

ここで分かることは、「SL-5121」と「SL-6621」の幅と奥行きは全く同じであり、「SL-6621」の方が少し背が高いだけであることです。

つまり、設置スペースはどちらも同じなので、「SL-5121」の暖房出力でも十分な部屋に、あえてよりパワフルな「SL-6621」を置くという選択肢もありえます。

その方が確実に速く暖まるでしょうからね。

SL-5121とSL-6621の価格と通販情報

コロナのHPに記載されている希望小売価格は

  • SL-5121:30,580円(税込)
  • SL-6621:31,680円(税込)

となっています。

これが楽天市場だと

  • SL-5121:17,930円~
  • SL-6621:16,800円~

で購入できます。

何故か暖房出力の高い「SL-6621」の方が安いです。

いずれにせよ、楽天市場で買った方が断然お得です!

 

●楽天市場の通販ページはこちら

コロナ SL-6621(楽天市場)

 

コロナ SL-5121(楽天市場)

 

●ヤフーショッピングはこちら

コロナ 石油ストーブ SLシリーズ

コロナ SLシリーズ 2021年モデルと2020年モデルの違い

コロナ「SLシリーズ」の2020年モデルは

  • SL-5120
  • SL-6620

ですが、この2機種と2021年モデルの

  • SL-5121
  • SL-6621

の仕様は全く同じです。

普通は型落ちモデルとなる2020年モデルの方が安い場合が多いですが、現状ではその在庫が少ないようであり、ネットで販売されているのはほとんどが2021年モデルです。

2020年モデルがあったとしても、その価格は高いです。

よって、これから「SLシリーズ」を購入する方は、迷わず2021年モデルを選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました