マジック桜の原理・仕組みは?販売店はどこ?

マジック桜

マジック桜という不思議なおもちゃが現在大人気。

このマジック桜とは、紙で出来た木にマジックウォーターなるものをかけると、徐々にピンク色の花が咲き始め、およそ12時間後には満開の桜の木ようになるというもの。

桜の木の盆栽もあるけれど、このマジック桜の方が手軽で断然安い。

自分の部屋で花見が出来るということで、現在売れまくっているらしいね。


スポンサードリンク

マジック桜の原理・仕組みとは

そもそもこのマジック桜の花は何なのか?というと、これは酢酸ナトリウムの結晶なのだ。

マジック桜に付属されているマジックウォーターには、この酢酸ナトリウムが含まれている。

紙の木にかけられた酢酸ナトリウムは、時間が経過すると共に結晶化する。

それが鮮やかな桜の花のようになるというわけ。

マジック桜の楽しみ方

マジックウォーターをかけてから1~2時間で桜の花が咲き始める。

そして、通常の温度なら10~12時間後に満開の状態になるようだ。

その後約1ヶ月は満開の状態が楽しめる。

なお、マジック桜をきれいに咲かせるためには、室内の温度と湿度が重要となる。

温度は15~25℃、湿度は40~60%が適切。

是非、自分の部屋の環境を整えよう。

マジック桜の販売店は?

このマジック桜は東急ハンズに行けば売っているらしい。

近くに東急ハンズが無い場合は、楽天やヤフーショッピングからも購入できる。

ただし、このマジック桜は本物の桜の季節になると大人気となり、その注文が殺到するみたい。

そのため、実際に手に届くまでには多少時間がかかったりする。

できれば桜の季節が終わる前に手に入れたいところだよね。

ちなみに、マジック桜ミニならすぐに手に入るみたいだけど・・・

マジック桜(楽天市場)

マジック桜(ヤフーショッピング)

マジック桜はプレゼントにも最適!

このマジック桜は自分で楽しむのも良いけど、プレゼントにするのもイイよね。

春は卒業や入学、就職のシーズンでもあるし、同時に桜のシーズンでもある。

お祝いに桜の木ならぬマジック桜を贈るのも、なかなかお洒落でイイんじゃないかな・・・


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください