乗り物酔いの治し方 ~ 手首のツボとシーバンド

乗り物酔いの症状は、非常に辛く不快なものです。
でも、この症状を和らげてくれる手首のツボがあります。

それが「内関」(ないかん)というツボです。

その場所と指圧のやり方を知っておけば
イザという時にきっと役に立つはず。

今回はこの手首のツボによる乗り物酔いの治し方を紹介。
また、この内関を指圧できる便利なシーバンドも紹介します。


スポンサードリンク

乗り物酔いに効果のあるツボ「内関」

乗り物酔いの不快な症状を抑えるのに
効果的なツボは「内関」(ないかん)というツボです。

内関は前腕にあるツボで
手のひら側の手首の付け根から
肘に向かって指幅3本分の位置にあります。

内関

「内」は内臓を表し、「関」は出入りの要所という意味です。

つまり、内関は内臓の働きに関係しているツボであり
特に消化器系の異常を軽減する効果があります。

乗り物酔いの吐き気などを抑える効果の他にも
食欲不振や軟便、お腹の張りなどにも効果があります。

内関の指圧による乗り物酔いの治し方

乗り物酔いによって気分が悪くなった場合は
すぐに「内関」を反対の手の親指で指圧しましょう。

一回の指圧は6~7秒くらいで
これを断続的に数回繰り返します。

そうすると、気分が次第に落ち着いて来て
吐き気も収まってきます。


ただ、乗り物に乗っている間
ずっと「内関」を指圧し続けるのは
ちょっと大変ですよね。

そこで、乗り物酔いになる可能性のある人は
事前に内関に米粒などを当てて
テープや絆創膏で止めておくと良いでしょう。


スポンサードリンク

乗り物酔いを防ぐシーバンド

先ほど、内関のツボに米粒などを当てて
テープや絆創膏で固定するという方法を紹介しましたが

これと同じような効果を持つグッズがあります。
それが「シーバンド」です。

シーバンドはリストバンドに突起物がついたもの。
この突起が内関に当たるようにして
手首に巻けば良いわけです。

シーバンド

何よりも、米粒とテープよりもオシャレですよね。

シーバンドは乗り物酔い防止の他
妊娠中のつわり対策にも使われています。

大人用から子ども用もありますし
カラーバリエーションも豊富です。

洗って何度も使えるのも良いところですね。


シーバンドはアマゾンでも楽天でも売っていますよ。

★シーバンド(アマゾン)

★シーバンド(楽天市場)

シーバンド以外に、同じような商品も色々ありますが
要は内関のツボを押さえればOKなので
効果としてはどれも同じです。

重要なのは内関の位置にしっかりと当てることです。
これがズレていると意味がありませんからね。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です