カンタンタープの評判は?キャンプカスタムは何が違う?

アウトドアレジャーや野外イベントなどで重宝するのがタープ。

ただ、このタープは設営するのがちょっと面倒。

もっと簡単に組み立てられるタープはないの?

ありました!

それが「カンタンタープ」です。

読んで字のごとく、簡単に組み立てられるから「カンタンタープ」です。

何と1分もあれば組み立てられるというから驚き。

でも、本当にそんなに簡単に組み立てられるんでしょうか?


スポンサードリンク

カンタンタープの組み立て方

「タープは組み立てが面倒!」という常識を覆したのが「カンタンタープ」。

大人2人いれば、まるで傘を開くように簡単に組み立てることが可能。

その組み立てに要する時間はたったの60秒!

ホンマかいな?

まあ、実際にどうやって組み立てるのかは動画を観れば一目瞭然。

というわけで、先ずはこちらをご覧あれ。

なるほど、確かにこれは簡単そうですね。

そして、実際に60秒以内で完成しています。

まあ、最初は多少戸惑うかも知れませんが、慣れてしまえば誰でも本当に簡単に組み立てられるんじゃないでしょうか。

カンタンタープの評判は?

さて、このカンタンタープ、確かに簡単に組み立てられそうですが、実際にこのカンタンタープを使っている人たちはどんな感想を持っているんでしょうか?

ということで、楽天市場とAmazonでの口コミをチェックしてみましょう。

カンタンタープの口コミ 楽天市場編

●商品名通り組み立ては簡単です。大人2人いれば余裕です。ただ、屋根の幌を被せる時が結構キツくてコツが要りそうです。あと、車のトランク寸法は要確認です。コンパクトカーだと厳しいかも。

●最初は簡単というわけにはいきませんでしたが、2回目からは小学生の子どもと2人で組み立てることができ、女の私1人でも片づけることができました。子どもが大きくなったらサイズの大きいものも購入したいです。

●骨組みがしっかりしており天幕の色も良い。そして何よりも組み立てが簡単でとても楽です。強いて言えば、タープを入れるバッグがもう少ししっかりしたものであればなお良かったです。

●海で使いました。他メーカーのものを含めて3個設営しましたが、これが一番使いやすかったです。修理が必要な場合も対応が良さそうなので満足しています。

●運動会用に購入しました。決め手は丈夫そうだったのとアフターメンテナンスの対応が良さそうだったから。ただ、予想以上の大きさと重さにビックリ。でも、設営してみると丁度良い大きさでした。当日は大変暑かったのでとても役に立ちました。


スポンサードリンク

カンタンタープの口コミ Amazon編

●見た目は他社製品よりもかなりカッコイイです。骨格も布も丈夫な作りですが少し重いです。また、畳んでもある程度の長さがあるので車は選びます。ゴルフバッグが入ればOKです。

●最初は多少手間取りますが、二回目以降は簡単に組み立てられると思います。ただ、重くて嵩張るのと他のタープよりも低いのが難点です。でも、簡単なのが一番なのでコレで良かったと思います。

●子どものサッカー観戦用にワンタッチで簡単なものを探していて、こちらの商品に辿り着きました。思ったより重く大きかったですが、商品自体は丈夫そうです。組み立てに多少手こずりましたが、慣れれば大丈夫かな・・・

●安全ピンを解除せずに畳もうとしてフレームを損傷させてしまいましたが、何と無料で交換してくれました。その誠実な応対に非常に好感が持てました。

●中庭で使っています。何度か設置しているうちに組み立てのコツがつかめました。タープの下は涼しくて快適です。

カンタンタープ 口コミのまとめ

カンタンタープ購入者の口コミをまとめてみると、最初は戸惑ったものの2回目からは簡単に組み立てられたという感想が多いです。

よって、慣れれば誰でも簡単に組み立てられそうです。

また、メーカーによる交換や修理の対応が良いという声も多く、このカンタンタープは長く安心して使える製品であると言えそうです。

一方、思ったよりも重くて嵩張るという感想も多いです。

カンタンタープはスチール製であり、ワンタッチで組み立てられるようにちょっと複雑な構造となっています。

従って、他のアルミ製のものなどに比べると確かに重いですが、その分強度があって丈夫であり、何よりも簡単に組み立てられるというメリットがあります。

こうしたメリットが得られるのであれば、多少重くても納得できるのではないでしょうか。

あと、畳んだ時のサイズと、運搬に使う車のトランクや座席のサイズは事前に確認しておくべきですね。

カンタンタープとキャンプカスタムの違い

カンタンタープには「カンタンタープ・キャンプカスタム」というモデルもあります。

これは本格的なキャンプユースを前提に設計を見直したカンタンタープです。

カンタンタープはフレームが1体式となっており、傘を開くようにワンタッチで設営が可能ですが、キャンプカスタムはパーツが分かれているため、ある程度の組み立て作業が必要です。

これはキャンプカスタムがより強度を重視していることと、フレーム構造をシンプルにすることで軽量化が図られているからです。

よって、カンタンタープは簡単に設営ができますが、強度の面ではキャンプカスタムに劣ります。

そして、キャンプカスタムは強度に優れていますが、その設営には多少時間がかかります。

ただ、キャンプカスタムの組み立て時間は約3分ということですから、一般的な組立式テントなどに比べれば全然簡単です。

だからこそ「カンタンタープ・キャンプカスタム」ということです。

このように両者にはそれぞれ長所と短所がありますので、自身の目的に合った方を選ぶと良いと思います。

カンタンタープの通販情報

カンタンタープは楽天市場やAmazon、ヤフーショッピングなどで購入できます。

カンタンタープのサイズには

  • 定番タイプ「240」240cm×240cm
  • 大型タイプ「300」300cm×300cm
  • 小型タイプ「200」200cm×200cm

などがあります。

また、屋根のカラーには

  • スカーレットレッド
  • クラシックグリーン
  • ティールブルー

などがあります。

自身の用途や使用人数に合わせてピッタリなカンタンタープを選ぶと良いでしょう。

●各通販サイトはこちら

カンタンタープ(楽天市場)

カンタンタープ(Amazon)

カンタンタープ(ヤフーショッピング)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加