「デオトイレ」と「ニャンとも清潔トイレ」を比較する

自宅で猫ちゃんを飼う場合に必要となるのが猫用トイレ。

そんな猫用トイレの中でも特に人気が高いのが、ユニ・チャーム ペットの「デオトイレ」という製品です。

この「デオトイレ」には屋根のあるドーム型と屋根の無いオープン型がありますが、ドーム型の方が人気があるようです。

やはり、消臭シートがあるとはいえ、周りを囲ったドーム型の方がニオイが漏れにくいような感じがするんだと思います。

さて、このドーム型の猫用トイレは「デオトイレ」だけではありません。

花王の「ニャンとも清潔トイレ」にもドーム型があり、こちらも中々の人気商品となっています。

よって、これからドーム型の猫用トイレを購入しようと思っている方は、ユニ・チャームの「デオトイレ」と花王の「ニャンとも清潔トイレ」で悩むかも。

この両者、どっちがイイんでしょうか?


スポンサードリンク

デオトイレとニャンとも清潔トイレの構造と使い方

ユニ・チャームの「デオトイレ」と花王の「ニャンとも清潔トイレ」の構造は、ほぼ同じといっても良いと思います。

いずれも上段には猫砂を敷き、そこを通過したオシッコは下段の消臭シートに吸収されるという仕組みです。

ウンチはそのまま猫砂の上に残るので、スコップですくって捨てます。

いずれの商品にも猫砂1袋と消臭シートが1枚付属されており、いずれの消臭シートも猫ちゃん1匹で約1週間使用できます。

後は定期的に猫砂と消臭シートを入れ替えればOKという感じです。

というわけで、「デオトイレ」も「ニャンとも清潔トイレ」も、その使い方はほぼ同じです。

★こちらが「ニャンとも清潔トイレ」

「デオトイレ」と「ニャンとも清潔トイレ」の違い

「デオトイレ」も「ニャンとも清潔トイレ」も同じような構造であり、同じような使い方をしますが、両者には2点ばかり違うところがあります。

「デオトイレ」のドームは開閉式

まず一つ目は、「デオトイレ」のドームは前半分が開閉式になっているのに対して、「ニャンとも清潔トイレ」は開閉式ではないということです。

開閉式ドームの「デオトイレ」は、ウンチをスコップで取る時や猫砂を入れ替える時などに、いちいちドーム部を外さなくても出来るという利点があります。

一方の「ニャンとも清潔トイレ」は開閉式ドームではないので、いちいちドーム部を外す必要があります。

ただ、「ニャンとも清潔トイレ」のドームの入り口は、「デオトイレ」に比べると少し広くなっているので、特にドーム部を外さなくても中のお手入れが出来る可能性もあります。

でも、普通に考えれば開閉式ドームの方が便利そうですよね。

「デオトイレ」の引き出しは前後入れ替え式

もう一つは消臭シートを入れる引き出しの違いです。

「ニャンとも清潔トイレ」の引き出しは前後が決まっており、一方方向にしか出し入れできませんが、「デオトイレ」の引き出しは前後入れ替え式であり、どちらからでも出し入れが可能です。

この前後入れ替え式の引き出しの持つメリットは、消臭シートを無駄なく使えるということです。

例えば、いつもトイレの奥の方でオシッコをする猫ちゃんの場合、消臭シートは奥の方ばかりが汚れていきます。

でも、引き出しの前後を入れ替えてセットし直せば、トイレの奥の方にまだキレイな状態の消臭シートがセットできるというわけです。

まあ、「ニャンとも清潔トイレ」の場合でも、消臭シートを引き出しから外して前後を入れ替えれば対応できますが、これはちょっと面倒くさい作業になりそうですね。


スポンサードリンク

「デオトイレ」と「ニャンとも清潔トイレ」の価格

さて、一見同じような感じの「デオトイレ」と「ニャンとも清潔トイレ」ですが、「デオトイレ」の方が機能的にはちょっと優れているような感じですね。

では、両者の販売価格はどうなのか?

現在のAmazonでの販売価格は

  • デオトイレ 1,860円
  • ニャンとも清潔トイレ 2,630円

となっています。(2017/11/04現在)

つまり、機能的には優れていると思われる「デオトイレ」の方が価格が安いということです。

こうなると「デオトイレ」に魅力を感じる人の方が、おそらく多くなりそうですね。

猫用トイレ本体(Amazon)

ちなみに、本来の商品価格自体は「デオトイレ」の方が高いみたいです。

このあたりの価格設定はネット通販ならではですね。

逆に言うと、今後「ニャンとも清潔トイレ」の方が安くなる可能性もあるということです。

「ニャンとも清潔トイレ」のメリット

ここまで色々と見て来たところでは、「デオトイレ」の方が機能的であり、価格も安いのでオススメという感じですが、「ニャンとも清潔トイレ」にもメリットが無いわけではありません。

それは「ニャンとも清潔トイレ」の方がデザイン的にオシャレな感じがするということです。

まあ、デザインの好みは人それぞれですが、両者を見比べてみた時には、「ニャンとも清潔トイレ」の方がオシャレに感じる人の方がおそらく多いと思われます。

また、「デオトイレ」のカラーはアイボリーしかないみたいですが、「ニャンとも清潔トイレ」にはブラウン、ライトベージュ、ホワイト&ピンク(キティ)があります。

猫用トイレをどこに置くかは人それぞれですが、普段見える場所に置くならオシャレな方が良いですよね。

やっぱりトイレもオシャレな方がイイ!という人なら、「ニャンとも清潔トイレ」の方が良いかも知れませんね。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加