コレなら話せる!アニメ英会話教材「ピンポンとマシンガン」

英語の勉強はどうも苦手・・・。

でも英語をペラペラ話せるようになりたい!

そんな貴方には「ピンポンとマシンガン」がイイかも。

現在、巷では様々な英会話教材が販売されていますが、「ピンポンとマシンガン」は一般的な英会話教材とはちょっと違います。

この「ピンポンとマシンガン」はプチアニメ英語教材であり、1分程度の動画を見ているうちに次第に英会話が身に付いていくというもの。

おそらくこれまでには無かった新感覚の英会話教材と言えるでしょう。

この「ピンポンとマシンガン」にはテキストが無く全て動画です。よって、軽い感じで楽しみながら続けられるのがメリット。

一見したところ、子ども向けの教材のような感じもしますが、コレはれっきとした大人向けの英会話教材です。

そして、その内容もかなりユニークなんです。


スポンサードリンク

「ピンポンとマシンガン」のサンプル動画

「ピンポンとマシンガン」は、英語の苦手な人や初心者に向けて作られており、文法とか発音などをほとんど意識することなく、簡単な単語を使った英会話ができるようになっています。

まあ、百聞は一見に如かずということで、先ずはそのサンプル動画を見てみるのが良いと思います。

下のリンクをタップ(クリック)すると、「ピンポンとマシンガン」の紹介ページに飛びます。

そのページの真ん中より少し下辺りに「ピンポンとマシンガン」のサンプル動画があります。

こちら ⇒ ピンポンとマシンガン

さて、いかがでしたでしょうか?

何かちょっとふざけていますよね。

でも、ちょっと面白いですよね。

特に「カタカナサポート」は笑えますよね。

まあ、こんな感じのプチアニメがたくさんあるというのが「ピンポンとマシンガン」です。

これなら出来そう!と思った方は、そのまま買っちゃってもOKです。

「ピンポンとマシンガン」のユニークなところ

「ピンポンとマシンガン」は、これまでに無いユニークなプチアニメ英会話教材です。

ここからは、そのユニークなところを色々と紹介していきましょう。

手に届く英語だけを!

「ピンポンとマシンガン」では、英語が苦手な1000人にアンケートを行い、難しい表現を徹底的にカットしています。

正しい文法に固執し過ぎると、難しくて長い表現になりがちです。

「ピンポンとマシンガン」の英会話は短くてシンプルなもの。つまり、自分の手に届く英語だけを話そうということです。

3単語マジック

「ピンポンとマシンガン」での英会話は、3単語以下を繋げるだけの短いフレーズになっています。

難しい文法など一切考える必要はありません。

シンプルでも相手に伝わればそれで良いわけです。

世界で通用する英会話

「ピンポンとマシンガン」の英会話は非常にシンプルであるため、これで本当に通用するのか?と思う方もいるかも知れませんが、

これで通用するんです!

「ピンポンとマシンガン」では、ネイティヴと専門家が徹底的に共同研究を行い、簡単なのに世界で通じる「ちょうど良い英会話」を完成させました。

つまり、「ピンポンとマシンガン」の英会話は、完璧過ぎずブロークン過ぎない、絶妙なバランスの表現というわけです。

「旅行」と「おもてなし」に特化!

「ピンポンとマシンガン」では、英語を使用する2大シチュエーションだけに的を絞っています。

それが「旅行」と「おもてなし」です。

500本以上のミニ動画は、すべて「旅行」か「おもてなし」に関する英会話です。

一般の人が英語に直面する状況と言えば、海外旅行先で現地の人と話す時や、日本で外国人の相手をする時でしょう。

こうした状況においてスラスラと英語が話せれば、困ることもありませんし、きっと楽しい時間を過ごせるはず。

「ピンポンとマシンガン」の目的はここにあると言っても良いでしょう。

教材はUSB1個だけ

「ピンポンとマシンガン」の教材はUSB1個だけです。

余計なものは一切ありません。

この1個のUSBの中に500本以上のミニ動画がギュッと凝縮されています。

このUSBをパソコンやタブレットに挿せばミニ動画が見られます。

なお、「スマホ・プレミアムどこでもサポート」もあるので、パソコンを持っていない人でも大丈夫です。

「ピンポンとマシンガン」の価格は?

プチアニメ英会話教材「ピンポンとマシンガン」の定価は53,600円です。

ただし、現在は限定キャンペーン中であり、先着100名まで50%OFFの26,800円で購入できます。

また、90日間全額返金保証もあるので安心です。

何か面白そうだからやってみるか・・・

みたいな軽い気持ちで始めてみるのもイイかも!

「ピンポンとマシンガン」の通販ページはこちらです。

ピンポンとマシンガン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加