少年野球のバッティングが上達!篠塚和典の打撃教材DVD

子どもが少年野球をやっているという親御さんも多いでしょう。

そして、懸命に練習する子どもの姿を見るのは楽しいものです。

少年野球

でも、肝心の試合となるとこれが全く打てない・・・

バットがボールに当たらずにほとんど三振。

たまに当たったとしてもボテボテの内野ゴロ。
それでも懸命になって走る子ども。

まあ、三振も内野ゴロも野球のうちですが、
もう少し打てるようになれば子どもも嬉しいですし、
それを見ている親御さんも嬉しいはず。


かつては野球少年であったパパであれば、
ここで子どもにバッティング指導をすると思いますが、

その教え方が悪いのか、それとも間違っているのか、
いつまで経っても子どものバッティングは上達しない。

さて、どうしたものか・・・

そんな悩めるパパにオススメなのが
「篠塚和典の打撃バイブル」です。


スポンサードリンク

あの巨人の篠塚からバッティングを教わろう!

篠塚選手といえば、江川、原、中畑らと共に
かつてのジャイアンツを牽引して来た主力メンバー。

左右に打ち分ける広角打法でヒットを量産し、
主に3番バッターとして活躍したスター選手です。

そして、現役引退後はジャイアンツの打撃コーチ、
守備・走塁コーチ、総合コーチを歴任。

一旦、ジャイアンツを離れて野球解説者となりましたが、
2006年からまたジャイアンツのコーチに復帰。

2006年は内野守備・走塁コーチでしたが、
2007年から2010年までは打撃コーチを務め、
2009年のWBCでは日本代表の打撃コーチも兼任しました。


つまり、篠塚氏はプロの打撃コーチであり、
その打撃技術はプロ野球選手も実践する本物ということ。

そんな篠塚氏の打撃技術がDVDを観ながら学べます。

先ずは子どもと一緒に観ながらその理解を深めましょう。
そして、子どもと一緒に実践してみましょう。

そうすればきっと子どものバッティングは上達するはず。

ヒットを打って塁上でガッツポーズをする子どもの姿を、
その内に見ることが出来るかも知れません。

少年野球

ちなみに篠塚氏は1992年に篠塚利夫から篠塚和典に改名しています。
篠塚利夫の方がピン!とくる人も多いかも・・・

「篠塚和典の打撃バイブル」の内容

「篠塚和典の打撃バイブル」は、巨人の主力選手として19年間、
コーチとして14年間活躍してきた篠塚氏が編み出した
本物のバッティング上達法です。

このバッティング上達法を学べば、
現在抱えているバッティングの悩みが何であろうと、
その悩みを解消する糸口が見えてくるはず。

その内容の一部は次のような感じです。



●ヒットを量産し、華麗な流し打ちを可能にしていた秘密

●スイングスピードを劇的に上げる方法

●腰の回転の使い方

●バットの正しい握り方

●身体の開きを矯正する方法

●タイミングの取り方

●速球に差し込まれなくなるテイクバック

●下半身の使い方

●間違ったスイングの解消法

●ヘッドスピードを上げる手首の使い方

●勝負強くなるメンタルコントロール術

●低めのボールをヒットにするマル秘テクニック

●正しいバットの軌道

●長打を打つ体重移動の秘密



こうして見るだけでも何だかワクワクしてきますね。

これらの打撃理論を理解することで、
子どもは自分のバッティングに自信が生まれてくるはず。

そしてこれらを実践すれば、
きっとヒットが打てるようになるはずです。

「篠塚和典の打撃バイブル」通販情報

「篠塚和典の打撃バイブル」は、
Amazonで購入することが出来ます。

篠塚和典の打撃バイブル

DVD2枚組で収録時間は合計1時間54分です。

その中では篠塚氏本人がバットを握り、
子どもにも分かりやすい言葉でその打撃技術を伝授してくれます。

篠塚氏が自身の打撃理論を公開した理由

そもそも、この「篠塚和典の打撃バイブル」は、
野球をする子どもとその親御さん、そして指導者に
気付きや希望を与えるために公開されたものです。

篠塚氏はジャイアンツのコーチを辞めてから
子どもの野球教室などに参加するようになりましたが、

その時に感じたのが基本的な身体の使い方が
出来ていない子どもが非常に多いということ。

そして、その指導者にもそのあたりの知識が不足していることです。


バッティングにおいて最も重要なことは
自分の身体を正しく使うことです。

「篠塚和典の打撃バイブル」はそれを教えてくれる
バッティング教材DVDです。

何とかして子どもにヒットを打たせたいと思うパパや、
なかなか勝てない少年野球チームの監督などに、
この「篠塚和典の打撃バイブル」は正にバイブルとなるはずです。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加