メタボリックシンドロームとは単なる肥満ではない

メタボリックシンドロームという言葉は
もうすでに日本語として通用していますね。

もちろんこれは英語であって
日本語では代謝症候群と訳されています。

間をとってメタボリック症候群とも呼ばれますが
現在ではメタボという短縮形で十分意味が通ります。

実際、ちょっと太っていると「メタボ体型だ!」なんて
言われたりしますからね。

ただ、「メタボ=太っていること」
と誤解している人も意外に多いみたいです。

メタボリックシンドロームはあくまでも病気なんです。


スポンサードリンク

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満の人が
高血糖や高脂血症もしくは高血圧を合併している
状態のことを指します。

この状態だと動脈硬化を引き起こす可能性が高く
それによってさらに色々な病気を
発症する原因ともなるのです。

昔は肥満や高血圧などは
それぞれ独立した病気とされていましたが

実はこれらの病気が組み合わさることによって
さらに重大な病気を発症することが分かって来ました。

特に、内臓に脂肪が蓄積することによる肥満
つまり「内蔵脂肪型肥満」は
さらに重大な病気を発症する原因となります。

ですから、メタボリックシンドロームとは
けっこう危険な病気なのです。


スポンサードリンク

メタボリックシンドロームの診断

現在では会社や地域で行なわれる健康診断で
メタボリックシンドロームの検査もしています。

私も何度か経験していますが
お腹周りをメジャーで計測するというものです。

これは医療制度改革のひとつとして
2008年の4月から開始されています。

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームの検査を行なうためには
その診断基準が必要となります。

WHOやアメリカなどにも、その診断基準がありますが
実はメタボリックシンドロームの診断基準は
国や地域によって異なっています。

生活習慣や人種の違いなどによって
その診断基準に多少の違いがあって当然なのです。

日本では、2004年4月に発足した
メタボリックシンドローム診断基準検討委員会によって
その診断基準が決定されています。

健康診断において
メタボリックシンドロームの疑いありと診断されたら
直ちに生活習慣や食生活を改善すべきです。

結語

この「メタボリックシンドローム」という言葉は
2006年の流行語大賞に選ばれています。

これは、現在多くの人にこの言葉が浸透している
ひとつの要因であると思われます。

ただ、メタボリックシンドロームとは
単に太っているという意味ではありません。

これは病気であるということを認識しておくことが
非常に大切なことです。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です