オイルヒーターの利点と欠点を検証

この数年、オイルヒーターの人気が高まっていますね。

これまでオイルヒーターは、その構造上日本にはあまり馴染まなかったようですが
安全性が高く空気が乾燥しないなどの利点が評価され、
製品自体の低価格化とともに徐々に利用する人が増えているようです。

今回は、このオイルヒーターの利点と欠点を
検証してみることにします。

オイルヒーターの利点

オイルヒーターは、本体内部に密閉された
難燃性のオイルをヒーターで暖めて循環させ
フィンと呼ばれる放熱板から放熱することで周りの空気を暖めます。

そして、暖められた空気の自然対流によって
室内が暖められていくという仕組みです。

このオイルヒーターには次のような様々な利点があります。

安全性の高さ

オイルヒーターは燃料を燃やしているわけではなく
ラジエーターフィンもそれほど高温にはなりません。

そのため、火傷をしたり火災の原因になったりする
可能性はかなり低いです。

小さい子供や高齢者のいる家庭でよく使われるのは
こうした理由があるからですね。

室内の空気がキレイ

オイルヒーターは燃料を燃やしているわけではないので
室内の空気を汚すことがありません。

そのため、頻繁に換気をする必要もありません。

また、温風が吹き出してくるわけでもないので
室内にホコリが舞うといこともありませんし
エアコンのように空気が乾燥することもありません。

空気が乾燥すると喉が痛くなるという人や
ハウスダストにアレルギーのある人
そして花粉症の人にも良いかも知れませんね。

音が静か

オイルヒーターには基本的に稼動音というものがありません。
ほぼ無音といっても良いくらい静かです。

古い機種だと、サーモスタットの切替音や
タイマーの動作音などが気になるものもあったようですが
最近の機種はマイコン制御のものが多くほぼ無音です。

メンテナンスが簡単

オイルヒーターの内部に入っているオイルは
交換する必要がありません。

フィルターも無いので、フィルターのある他の暖房機器のように
フィルターを洗ったり交換したりする必要がありません。


スポンサードリンク

オイルヒーターの欠点

利点だけ並べてみると、非常に優れているように感じますが
オイルヒーターにはいくつかの欠点もあります。

室内が暖まるまで時間がかかる

オイルヒーターは暖められた空気の自然対流によって
室内を暖めるというものです。

そのため、部屋全体が暖かくなるまでには
ある程度の時間がどうしてもかかってしまいます。

スイッチを入れればすぐに暖かくなるというわけではないので
速暖性を求める人には不向きであると思います。

電気代がかかる

オイルヒーターは電気代がかかるとい声をよく聞きます。

最近のエアコンには消費電力の3~6倍の暖房能力がありますが
オイルヒーターは消費電力がほぼそのまま暖房能力となりますので
エネルギー効率はあまり良いとは言えません。

ただ、これはあくまでもエアコンと比べた場合です。

電気ストーブやカーボンヒーターなどと比べると
その差はほとんどないようです。

和風建築には向かない

オイルヒーターは断熱性の高い住宅でないと
その効果をよく発揮することができません。

伝統的な和風建築の住居は換気の良さが重視されており
断熱性に関してはかなり低いです。

こういった和風の住居にはオイルヒーターは向きません。

ただし、木造住宅であっても断熱材を使用してあれば
オイルヒーターを使ってもその効果が得られます。

オイルヒーターはデロンギがおすすめ

そもそもオイルヒーターはヨーロッパで考案され
ヨーロッパで普及していたものですから
現在販売されているオイルヒーターにはヨーロッパのメーカーが多いです。

オイルヒーターのメーカーとして有名なのは
イタリアの大手である「デロンギ」ですね。

日本で初めて販売されたオイルヒーターもデロンギです。

やはりオイルヒーターのメーカーとして歴史のある
デロンギの製品がおすすめですね。

   
デロンギ ドラゴンデジタル スマート QSD0915-MB

日本のメーカーのオイルヒーターもなかなか人気のようです。
中でも山善のDO-L122(W)が売れてますね。

結局、安いからなんでしょうけれど・・・

 
山善 オイルヒーター ホワイト DO-L122(W)

結語

オイルヒーターを購入する際には
その欠点というものを事前によく理解しておきましょう。

そして、欠点よりも利点の方を優先するという人にだけ
オイルヒーターをオススメします。

以前よりはだいぶ安くなったとはいっても
他の暖房機器に比べればまだまだ高価ですからね。

くれぐれも、購入してから「失敗した!」なんてことのないように・・・


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加