スルフォラファンの効果とサプリメントの販売店

スルフォラファンは、ブロッコリーに含まれる
辛味の元となる成分です。

このスルフォラファンには解毒作用や
抗酸化作用があることが分かり

病気の予防や健康を保つ上での
様々な効果が期待できるとされています。

スルフォラファン

スルフォラファンを摂取するには
ブロッコリースプラウトが良いとされ
それを生で食べるのが効果的です。

一方、このスルフォラファンを成分とした
サプリメントも色々と販売されています。

ブロッコリースプラウトを頻繁に食べるより
サプリメントの方が手軽にスルフォラファンを
摂取できるかも知れませんね。


スポンサードリンク

スルフォラファンの効果

ガンの予防

人間の体内には解毒酵素というものがあり
体内に入った発ガン物質を無毒化して
体外に排出する働きを持っています。

スルフォラファンはこの解毒酵素の生成を
活性化する働きを持っています。

つまり、スルフォラファンを摂取することで
ガンの発生を抑制することができます。


抗酸化作用
ビタミンCやビタミンEなどには抗酸化作用がありますが
その働きは摂取後数時間しか続きません。

それに対して、スルフォラファンは
体内に存在する抗酸化酵素の生成を促すため
長時間の抗酸化作用が望めます。

その効果は、摂取後3日間持続すると云われています。


肝機能の改善
スルフォラファンには体内にある解毒酵素を
活性化する作用があることから
肝臓の解毒作用も高めてくれます。

これにより、肝機能も良くなります。


ピロリ菌の除菌
日本人の2人に1人が持っているといわれている
ピロリ菌は胃炎や胃がんを引き起こす原因となります。

スルフォラファンには、このピロリ菌を殺す作用があります。


メタボ改善
スルフォラファンには内臓脂肪の蓄積を
抑制する作用がありますので
メタボリックシンドロームの予防に期待ができます。


スポンサードリンク

スルフォラファンは悪酔いの症状を軽減できる?

悪酔いの原因となるのは体内に蓄積した
アセトアルデヒドという有害物質です。

アセトアルデヒドは、体内に入ったアルコールが
肝臓で分解されてできたものです。

アセトアルデヒドは、アルデヒド脱水素酵素などによって
さらに水や二酸化炭素などの無害な物質に分解され
体外に排出されるのですが

これがスムーズに分解されずに体内に残ると
悪酔いの症状が現れてきます。

悪酔い

スルフォラファンには、アセトアルデヒドの分解を
促進する作用があります。

したがって、悪酔いの症状を
軽減することができるというわけです。

お酒を飲む前に、スルフォラファンのサプリを飲んでおけば
悪酔いせずに済むかも知れませんね。

スルフォラファンとブロッコリースプラウト

スルフォラファンは、成熟したブロッコリーには
ごく僅かに含まれているに過ぎません。

しかし、アメリカで行なわれた研究の結果
スルフォラファンはブロッコリーの新芽(スプラウト)に
より多く含まれていることが分かりました。

ブロッコリースプラウトには成熟したブロッコリーの
約10~20倍のスルフォラファンが含まれており

ある特定品種の発芽3日目のスプラウトが
最も良い状態であるとされています。

スルフォラファン

この研究結果が発表された当時のアメリカでは
ブロッコリースプラウトブームが起こり

スーパーなどの野菜コーナーにも
ブロッコリースプラウトがたくさん並んだようです。


ブロッコリースプラウトは、3日に1回
生で食べるのが効果的とされています。

でも、生のブロッコリースプラウトを
3日に1回食べるのが面倒な方もいるでしょう。

そういった方はサプリメントで摂取する方が
現実的でしょうね。

スルフォラファン・サプリメントの販売店

スルフォラファンのサプリメントは
日本製のものと海外製のものがあります。

日本ではカゴメのものが有名ですが
「ブロッコマックス」や「Source Naturals」など
海外製のサプリも人気が高いです。

そもそも、スルフォラファンの研究は
アメリカから始まったものですからね。

その評判もなかなか良いようですし。


現在、Amazonでも楽天市場でも
スルフォラファン・サプリの海外直送品が購入できます。

スルフォラファン(Amazon)



スルフォラファン(楽天市場)



現在、楽天市場では
カゴメのスルフォラファンはほぼ売り切れですね。

やはり国産の有名メーカーの方が
安心感があるのでしょうか。

Amazonにはまだ少し残っているようですので
カゴメのものが欲しい方はお早めに・・・


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です