ツインバード TC-E123SBKとTC-E135BLとの違い

ツインバード TC-E135BLは、お手頃価格で買える
パワフルなサイクロン式スティッククリーナー。

このツインバード TC-E135BLは
2014年の5月に発売されたモデルです。

TC-E135BL

同じツインバードのサイクロン式スティッククリーナーには
TC-E123SBKというモデルがあります。

こちらは2012年9月に発売されたモデルですが
いまだに売れ続けている人気機種です。

このTC-E135BLとTC-E123SBKはよく似ています。
というか、カラー以外はほとんど同じです。

この両者の違いは一体どこにあるのでしょうか?


スポンサードリンク

ツインバード TC-E135BLの特長

ツインバード TC-E135BLは、軽量でコンパクトながらも
パワフルなスティック型サイクロンクリーナーです。

サイクロンクリーナーなので吸引力が持続しますし
紙パックも必要ありません。

ダストケースやフィルターは外して簡単に水洗いが可能。

また、ハンディクリーナーとしても使える
2WAY方式の便利な掃除機です。

ツインバード TC-E135BLの特長はこんなところです。

しかし、これらの特長は、そのままそっくり
TC-E123SBKにも当てはまるんですよね。

もしかして、TC-E135BLも TC-E123SBKも同じもの?

TC-E135BL

TC-E135BLと TC-E123SBKの仕様

続いて、TC-E135BLと TC-E123SBKの
仕様を比べてみましょう。

両者のサイズは約 225×155×1020mmで
質量は約 1.7 kgと同じです。

消費電力は270 Wで、電源コードの長さは約 4.5m。
これも両者とも同じ。

スイッチは本体とハンドルの2箇所にあり
集塵容量は約 0.6 Lで吸込仕事率は70 W。
これまた同じです。

付属品も両者共に、床用吸込口、ハンドル、すき間ノズル、
すき間ノズルホルダーが1個ずつ付いています。

というわけで、TC-E135BLと TC-E123SBKの仕様は
全く同じです。

つまり、TC-E135BLと TC-E123SBKの違いは
本体のカラーがブルーかブラックかというだけです。

tc-e135bl

TC-E135BLとTC-E123SBKの価格

TC-E135BLとTC-E123SBKには、もうひとつ違いがあります。
それは販売価格の違いです。

両者ともオープン価格で販売されているため
その販売価格は常に変動します。

性能的には全く同じ製品なのですが
その販売価格には多少の差が生まれるわけです。

Amazonでは、現在TC-E123SBK の方が安いです。

TC-E123SBKは3,200円ですが
TC-E135BLは3,557円です。

そういうわけで、今はTC-E123SBKの方が売れています。

★TC-E135BL TC-E123SBK(Amazon)

ただ、時と場合によってはその逆もあります。

実際、TC-E135BLが販売され出した頃は
TC-E135BLの方が安かったようですし。


ちなみに、楽天市場での価格は全体的に少し高いです。

★TC-E135BL TC-E123SBK(楽天市場)

今ならAmazonを利用した方が良さそうですね。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です