スカル&オウル エッグモールドが楽しい!ヒヨコもあるよ。

朝食の定番といえば目玉焼き。

そんな目玉焼きが、いつもとは違った
ユニークな形に作れればきっと楽しいよね。

それを実現できるのが、フレッドというメーカーの
エッグモールド ファニーサイドアップという商品。

スカル エッグモールド

このスカル&オウル エッグモールドを使えば
ドクロやフクロウの目玉焼きが簡単に作れてしまうのだ。

突然、朝食にこんな目玉焼きが出てきたら
パパはビックリ!こどもは大喜び!

これで毎日の朝食が楽しくなるはず。


スポンサードリンク

ファニーサイドアップ スカル&オウル エッグモールド

ファニーサイドアップは耐熱シリコン素材でできた
目玉焼き用のプレート。

その耐熱温度は230℃とのこと。

このファニーサイドアップには
現在スカルとオウルの2種類がある。

目玉焼きの作り方はいたってシンプル。

フライパンにこのプレートを載せ
目玉の部分に黄身を落とせばOK。

そして後は普通に焼くだけ。

出来上がった目玉焼きの周りを
ベーコンなどで飾ればさらにGoo!

エッグモールド

ただし、上手に作るのには多少コツがいるみたい。

あまり鮮度が高い卵だと、白身が全体に流れにくい。
また、大玉だと黄身が溢れてしまうこともある。

このあたりは何度か作ってみて
自分でコツを掴むしかないみたいだね。

でも、会心作が作れた朝は、きっと気分がイイはず。

ファニーサイドアップ スカル&オウル エッグモールドは
Amazonや楽天市場から購入できるよ。

エッグモールド(Amazon)

エッグモールド(楽天市場)

ヒヨコのエッグモールド「Egg a Matic」

同じフレッド社には、ゆで卵用のエッグモールドもある。
こちらは「Egg a Matic」という商品で、ヒヨコ型やドクロ型がある。

特に人気が高いのはヒヨコ型のエッグモールド。

確かにこれは可愛いよね。

エッグモールド ヒヨコ

こちらも作り方は簡単。
ゆで卵の殻をむいて、熱いうちに型の中に入れる。

そして冷水の中で5~10分くらい冷ましておけば
ゆで卵がかわいいヒヨコの形になるというわけ。

最後に足のパーツを刺せばヒヨコのゆで卵が完成!


一方、ドクロ型の方はこんな感じ。
こちらはカワイイというよりは笑える感じだね。

エッグモールド

ゆで卵だから朝食にはもちろん
キャラ弁作りにも良いだろうね。


このエッグモールド「Egg a Matic」も
Amazonや楽天市場で購入できる。

でも、かなりの人気商品であるため
すでに売り切れのショップも多いんだよね。

欲しい人は急いだ方が良いかもね。

★エッグモールド「Egg a Matic」(楽天市場)

★エッグモールド「Egg a Matic」(Amazon)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です