「かがみのえほん」って何?その動画と販売店

「かがみのえほん」とは、鏡のように反射する紙を利用した
ちょっと変わった絵本です。

絵本を開くと、両ページにある絵が
反対側のページにも映り込むので
ビックリするほど立体的な絵となるのです。

こんな感じ・・・
かがみのえほん

「かがみのえほん」は、ちょうど90度になるように
ページを開くのがポイント。

基本的には5~6才の子供向けの絵本ですが
けっこう大人も楽しめたりします。

こどもと同じ目線で、一緒に楽しみましょう。


スポンサードリンク

「かがみのえほん」を動画で観てみる

「かがみのえほん」は福音館書店から出版されています。

そして、その福音館書店のホームページでは
「かがみのえほん」の中身の一部が動画で公開されています。

「かがみのえほん」って一体どんなものなの?という方は
先ずはこちらを御覧下さい。

「ふしぎなにじ」&「きょうのおやつは」

「かがみのえほん」には、「ふしぎなにじ」と
「きょうのおやつは」の2タイトルがあります。


「ふしぎなにじ」は
色鮮やかな虹が絵本の中に浮かび上がり
ページを突き抜けたり、複雑に絡まりあったりします。




「きょうのおやつは」は
おやつを実際に作っているような感覚を
可愛い猫と一緒に楽しめます。

「かがみのえほん」販売店

「かがみのえほん」がどんなものかが分かったところで
欲しくなったという方も多いのでは?

「かがみのえほん」が欲しいのであれば
本屋さんに行って探すよりも
ネット通販を利用した方が早くて便利ですよ。

「かがみのえほん」は、Amazonや楽天市場でも
普通に販売されていますからね。

かがみのえほん(Amazon)

かがみのえほん(楽天市場)

「かがみのえほん」の作者について

「かがみのえほん」の作者は
わたなべ ちなつ(渡邉 千夏)という人。

元々は、グラフィックデザイナーとして
家庭用品メーカーで働いていましたが
今は、愛知県立芸術大学の大学院に在籍しているそうです。

わたなべ ちなつ さんのテーマは
「しかけの視覚伝達デザイン」ということです。

このテーマに則った作品のひとつが
「かがみのえほん」というわけですね。

この人の次回作が非常に楽しみです。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です